2016/05/21

2016.05.05三宅島大遠征 復路

三宅島最終日

最終日はフェリーに乗る直前まで大路池で鳥を見てました。
カラスバト狙いで大路池の遊歩道を歩いているとなんとサンコウチョウが現れました!!!
念願のサンコウチョウ!!!初見です!!
いままで縁が無かったのでめっちゃ嬉しかったです。いつか見てみたいな~なんて思ってましたがまさか初見が三宅島とは...(笑)



尾が長い雄です
本当に予想外の鳥だったのでびっくりしました。


アカコッコ館のレンジャーによると大路池ではシーズンに2~3回程度しか目撃されないのだそうです。
運が良いです♪



そしてもう一羽、予想外の鳥がいました。
アオバズク 今季初です!
何故か昼間から盛んに飛んでいました。



帰りの復路も楽しみの一つ。
どうやら1週間前にこの航路でマダラシロハラミズナギドリが出たらしいのでそういう珍ミズナギドリを期待して丁寧に探しましたが、結局ミズナギドリ系はオオミズだけでした...
でも、大島沖でオオトウゾクカモメが出たのは初見で嬉しかったです。



カンウミは6~8羽ほど出ました。
でもほとんど遠くて写真になりませんでした。







オオトウゾクカモメ(だと思います)


本当に悲劇的な遠さでしたが一応、初見です。
もっと船の近くを飛んでくれ~!




クロアシアホウドリも一回だけ出ました。
オオトウゾクよりも少しは近くを飛んでくれました。それでもかなり遠い...

アホウドリも期待しましたが出ませんでした...
ちょっと時期が遅すぎたようです。


結局、船の近くを飛んでくれたのはオオミズナギドリと...


トビウオだけでした...(笑)

今回の遠征でライファーはアカコッコ、イイジマムシクイ、ウチヤマセンニュウ、カラスバト、コマドリ(亜種タネコマドリ)、サンコウチョウ、オオトウゾクカモメの6種です。
ライフリストは299!
300までついにあと1種!!!

スポンサーサイト



2016/05/18

2016.05.05三宅島大遠征 大路池3

三宅島遠征3日目
まだしっかりとアカコッコを撮ってなかったので再び大路池に行きました。
昨日、大体の行動パターンは把握したので今日はよく出るポイントに座って待ってみました。
これが大成功で近くでじっくり撮る事が出来ました♪

アカコッコ館の周辺だけでも少なくとも5個体を確認する事が出来ました。


雌の成鳥


餌をたくさん持っているので子育て中でしょうか?(一枚目の個体とは別個体です)



こちらは雄成鳥(足環なし)





この子が一番フレンドリーでした♪








雄成鳥(足環あり)












2016/05/16

2016.05.04三宅島大遠征 大路池2

タネコマを見た後は亜種オーストンヤマガラを見ました。


亜種と書きましたが、IOC World Bird List ではオーストンヤマガラは独立種として掲載されている(らしい)です。
確かに見慣れているヤマガラと比べて顔はもちろんの事、嘴ががっしりしていて鳴き声も微妙に違っていて面白かったです。
日本でも種に昇格する日が来るかもしれないですね~




















いい感じにスポットライトを浴びています♪




早朝は水浴びもしてくれました。


本土のヤマガラのようにフレンドリーでした。



求愛給餌



イイジマムシクイもかなりの密度で生息していました。
ただ、ちょこまか動くので思い通りの写真にはなりませんでした。











次回はアカコッコを紹介します。


2016/05/14

2016.05.04三宅島大遠征 大路池

三宅島2日目は大路池に一日中いました。
朝は若干、雨が降っていたのですが昼前には完全にやんで晴れて来たので探鳥には支障は出ずに幸いでした。

まず、最初に出てきてくれたのはコマドリ(亜種タネコマドリ)です。
とにかくコマドリ自体、初見だったので最初は夢中で撮りまくっていましたが、たくさん居たので最終日には無視してしまう始末...
本当に凄い密度でヒンカラカラカラと鳴いていました。
なんて贅沢な!

でも、ほとんど暗い所ばかりでなかなかシャッタースピードがあがらず。


座っていると本当にすぐそこにやって来ました♪
かわいい~


本州のコマドリとは違い、木の上にもよく止まるそうです。





















亜種モスケミソサザイ
本州のミソサザイより茶色が濃いらしいです。


アカコッコもいましたが、警戒心が意外と強くて撮るのは難しかったです。


次回もいろいろ紹介します。



2016/05/09

2016.05.03三宅島大遠征 カンムリウミスズメツアー

伊豆岬のウチヤマセンニュウを堪能した後は小型漁船で海上からカンムリウミスズメを探すツアーに参加しました。
カンムリウミスズメは一か月前に舳倉島で見たのですがあまりよく観察できなかったので楽しみです♪
当日は波も穏やかで晴れて視界も良好!
港から出航して15分ほどすると早速、カンウミの3羽の群れが現れました!
近っ!





めっちゃ小さくて可愛い♡



その後もちらほらカンウミがいました。





逆光...





小さすぎるのでなぎでも見つけるのが難しかったです。
鳴き声でその存在に気づくことも。
ヒヨドリの声をもうちょっとカワイくした「ピェー」と言う声でなきます。


一度だけカンウミ2羽がが不意に船の真下に来ました!
急いでシャッターを切ったのですが時すでに遅し...潜って逃げてしまいました(泣)
でも、水中を泳ぐ姿は撮れました。

カンウミ以外にもクロアシアホウドリ、カツオドリ、ハイイロミズナギドリなどがいました。
カツオドリ、ハイイロは小笠原以来の2年半ぶり!!
クロアシも大洗ー苫小牧航路以来の2年ぶりです。超懐かしのメンツです。



クロアシアホオドリ、ノートリです。
焦り過ぎてちょっとブレています...


足環付きです。
聟島で生まれた個体かな~


カツオドリも近くで撮れました♪


よく、漂着物の上で止まっていました。






最初はハシボソミズナギだと思っていたのですが...


後で写真を見たら、嘴や頭の形からハイイロミズナギだと分かりました。




結局、カンウミは合計で十数羽程度でこの時期にしては少ない方だったけれども、近くで見れて嬉しかったです♪