2017/03/06

2017.03.03皇居 アイスランドカモメ

学期末テストがあって、しばらくブログ更新が滞っておりました。
でもテスト期間が終わったので、これからは思う存分、鳥見が出来ます♪
テストが終わった初日は、またまた皇居に行ってきました。最近、カモメにハマってきているような気がします笑
まあ、まだまだ全然初心者の域を脱していないのですが...。
せめて自力でカナダカモメを探し出せるようになりたいです。

今回の皇居ではカモメの数自体はかなり多かったのですが、シロやワシ、カナダなどは入っていませんでした。ただ、念願のアイスランドが混じっていたので、大満足♪
アイスランドカモメはこの日に居た、ベテランカモメウォッチャーに教えてもらい、見る事が出来ました。自力での発見は難しかったかも...。


ついに見れたアイスランドカモメ(亜種カムリアン)2w
確かに他のカモメと比べて、白っぽくて目立ちました。



ライフリストは316になりました。







水浴び







アイスランドはとても攻撃的で、よく他のカモメを攻撃していました。
2wのくせに生意気だな~(^^)



羽ばたき



飛出し!








近くを飛んでくれました~♪



高層ビルをバックに飛ぶ、アイスランドカモメ。



スポンサーサイト



2017/02/23

2017.02.17皇居 カナダカモメ

カモメの識別の腕を磨くために、皇居に行ってきました。
この日は、1か月前と比べて、カモメの数が本当に多かったです。その分、面白いカモメがたくさん混じっていました♪
特に前から狙っていた、カナダカモメを見ることが出来たのは嬉しかったです!
その他にも、シロ×セグロなど、なかなかお目にかかれないカモメを見る事が出来て、大満足です。

※僕はまだカモメの識別の勉強中なので、誤認があるかもしれません。もし、間違っていれば、ご指摘、お願いします<(_ _)>

シロカモメ1w
1か月前にここで会った個体かもしれません。







カナダカモメ
ぼんやり飛んでいるカモメを見ていると、初列風切の裏が白かったので慌てて撮影。
P9のパターンも確認できたので、カナダカモメだと思います。


同じくカナダの飛翔です。






カナダカモメ独特のP9のパターン。



不明(アメリカセグロ?)
嘴に黒斑があり、眼瞼が黄色の個体。
アメリカセグロかと思いましたが、瞳がスミス的ではないし...。
いろいろ考えましたが、僕の勉強不足でよく分かりませんでした。
詳しい方、教えて下さい!!<(_ _)>



セグロカモメ×シロカモメ
通称、シロセグロ。撤収する直前に飛来してくれた個体。
カモメの交雑個体を見るのはこれが初めてです。
背中が奥のセグロと比べて明らかに薄いです。





最初はアメリカセグロだと思っていたのですが、初列風切が真っ白だったので
シロセグロとしました。






同じくシロセグロです。
飛翔写真




アメリカセグロ1w?



モンゴルカモメ1w?
モンゴルにしてはちょっと褐色味が強いかな
少し目を離したスキに飛ばれたので、飛翔写真は撮れませんでした...。


2017/01/31

2017.01.15皇居 アメリカヒドリ

この日は皇居に行ってきました。目的はとにかくカモメの識別に馴れること。
いまだに大型カモメは、セグロ、オオセグロ、ワシ、シロくらいしか見た事ないので、今季はせめてカナダ、アメリカセグロ、モンゴル、欲を言えばアイスランドカモメなどを見たいと思っています(^^)
今はまだ、皇居のカモメの本格シーズンでは無いですが、下見ということで行ってきました。

本格シーズンでは無かったので、数はあまり多くなかったですが、シロカモメ1wが出たので嬉しかったです。シロカモメはこれが3回目です。
さらにその後、アメリカセグロカモメ1wと思われる個体も出ました。本当にアメリカセグロカモメなら初見ですが、自信がありません。
たぶん、そのほかにもカナダカモメやモンゴルカモメが混じっていたかもしれないですが、僕の今の腕では探し出せませんでした...。


シロカモメ1w


かなり長い間、目の前で水浴びをしてくれました。
愛想がよかった~♪


アメリカセグロカモメ1w??
黒っぽいのが目立った個体。アメリカセグロカモメかな?
間違っていたらご指摘ください<(_ _)>


同じく



ここではレアなウミネコ

その後は桜田濠のカモを見に行きました。ちょうど葛西の知り合いと会い、アメリカヒドリが居ると教えていただきました。
かなり近くで見る事が出来ました。日本に来るアメヒのほとんどがヒドリガモとの交雑ですが、この個体は純血で間違いないと思います。













鼻孔と鼻孔との間に「H」マークがあります。
このマークはこの個体のみにあるようで、個体識別ができるようです。












ヨシガモ 
ほぼノートリです。



オカヨシガモ
これもノートリです。



ノスリもたくさん飛びました。






2016/12/19

2016.12.13武蔵野公園 ニシオジロビタキ

話題のニシオジロビタキの雄を見に武蔵野公園に行ってきました。
ニシオジロビタキといえば、関東に飛来するほとんどが地味な第一回冬羽ですが、今回飛来したのは成長雄。喉がオレンジ色で鮮やかな個体です。
オジロ、ニシオジロともにノド赤個体を見るのは初めてです!
ここの公園ではニシオジロ以外にもアオゲラやアトリも居て、鳥影が濃かったです。





















アオゲラ



アトリは5羽ほどいました。




2016/11/16

2016.11.13皇居 アカハジロ×ホシハジロ??

皇居にアカハジロ×ホシハジロが入ったとの情報を頂き、マミチャの後に行ってきました。2年前にも小石川に入りましたが、タイミングが合わず、3回行きましたが、全部振られました(泣)。なので今回は良いリベンジの機会です!

濠の中には数百羽のカモが居て、こんな大都会の真ん中にこれだけのカモがいてビックリしました。最大の誤算は他にバーダーが居なかったこと。頼れる人がいないので見つける事が出来るか不安でしたが、新たに手に入れたフィールドスコープを持っているのでなんとかなるだろ~、と思っていました。
でも、意外と見つけ出すのは苦労しました。僕は端から1羽1羽確認していったのですが、オオタカが飛ぶたびにカモたちが飛んでしまって、しばらくするとランダムになって着水してしまいます^^;
そんなことを何度か繰り返して1時間がたったころ、ようやくアカハジロ×ホシハジロを見つけました!胸の赤いのが目立ち、一度見つけると肉眼でも分かるほどでした。


最初に見つけた時はこんな感じでした。



しばらく待つとどんどん近づいてくれました♪


アカハジロ×ホシハジロ?のエクリプスです。
若干、頭部に緑色の羽根があります。
交雑個体だという理由は脇にホシハジロ風の縞模様の羽根が若干ある事と下尾筒が白くない事(純アカハジロはエクリプスでも下尾筒が白)と言われています。
でも、だいぶアカハジロ側が強い個体ですね。


こんな感じで他のカモの群れの中に混じっていました。



かなりアップしてみました(^^)

キンクロハジロに似ているな~と思ったので比較してみました(^^)


結構、似ていますよね~
(上はアカハジロ×ホシハジロ、下はキンクロハジロ)


羽ばたきもしてくれました♪







近くにいたヨシガモのエクリプス
ここはとてもヨシガモの生息密度が高かったです。


今回はまだエクリプスですが、もう少しすれば繁殖羽になると思うので、もう一回行ってみようと思います。(まだ滞在してくれればですけど^^;)