2015/03/30

帰省 5日目

今日も干拓地へ。車を走らせているとなんか大きい鳥が
最初は、アオサギだと思っていたのですが、近付いてみるとシルエットが
どう見てもツル
双眼鏡で確認してみると、なんと、マナヅルでした!


マナヅルは初めて見ました。渡りの途中の個体でしょうか?







どんどん近付いてきました。



全く警戒心がありません



最終的には、300mmでも画面からはみ出るほど、近くにきました。

出水市でもないのに今年、この干拓地で2種類のツルを見ることができました。
マナヅルの家族が越冬し、マナヅルが立ち寄り・・・
ここはツルにとって大切な中継地点なのでしょうか?




ハチジョウツグミもいました。だいぶ赤い個体です。



ホシムクドリは、多くなったように感じます。


スポンサーサイト



2015/03/28

帰省 3日目

昨日見たホシムクドリをもう一回見たくなって、干拓地へ。よくよく見てみると
たくさんのホシムクドリ!なかには、ホシムクドリだけの群れも。
この干拓地だけで20羽ほどいると思います。


このホシムクドリは美しい!



たくさんのホシムクドリ



越冬していたのかな?




車を止めていると、ものすごい勢いで何かが走ってきた!

イタチ。猛禽類に驚いたのかな?





ミヤマガラス。   コクマルガラスは、おらず




近くの森にアカウソがいた。オスもいたのですがよく撮れなっかた



シベリアジュリン?
2015/03/27

帰省 1日目と2日目


このフィールドでは、もうほとんど冬鳥が北に帰ってしまい、まだ春の渡りは
まだ早く、鳥が少ない・・・・
とりあえず鳥を探していたら、田んぼの中にホウロクシギが

もう春の渡りが始まったみたいですね。ホウロクシギは、海のイメージがあったの
ですが田んぼにもやってくるのですね。

このホウロクシギは、くちばしが短いので幼鳥でしょうか?




お次はサンカノゴイ、 初見です。爬虫類のようにゆっくり動きます。



サンカノゴイ

昔からのあこがれの鳥だったのでうれしいです。野焼きした芦原の中にいたので
見つけやすかったです。



二日目
二日目は午前中、海にシギチを見に行こうと思いましたが、あまりに人が
多く、とても鳥見どころではありませんでした。
午後からは、干拓地に行ってきました。ちょうどオジロワシが超上空を飛んでいました。

北へ渡っていた途中なのでしょうか?干拓地に降りることはありませんでした。

干拓地にたくさんムクドリがいました。その中に2羽、ホシムクドリが
いました。年々、数が多くなっているホシムクドリ。普通種になる
日もそう遠くはないのでは?

ホシムクドリ1個体目


ホシムクドリ2個体目  枝かぶりが残念!

よくよく見てみるともっといたかも   
これからは、もっと注意してみようと思います。
2015/03/24

もうすぐ帰省します 過去編

もうすぐ帰省しま~す。鳥を見る予定です。帰省先では、結構珍しい鳥がたくさん!!!たとえば・・・・

ケアシノスリ! 毎年、複数越冬しています。




去年、ナベヅルの家族が越冬しました。




マガンも毎年200羽ほど越冬します。時々ハクガンが混ざります。

マガンの群れ






コミミズクもいました。

コミミズク




コチョウゲンボウも複数、越冬します。







コクマルガラス




アカエリヒレアシシギ




トキ

これら以外にも、ベニヒワが越冬したり、チュウヒやケリが繁殖
したり、渡りの時期にたくさんのシギチが来たり・・・
とたくさんの野鳥が生息していて、首都圏からも遠くはないのにバーダーを見かけたことがありません。穴場ってこと?
今回は、何がみられるのか 楽しみです。
2015/03/22

20150322多摩川

前回見たハイイロチュウヒが気になり多摩川に行ってみましたが
残念ながらハイイロチュウヒは見つかりませんでした。

オオジュリンの頭が黒くなっていたり、タヒバリが赤みを帯びてきたり、
ツバメが飛んでいたり・・・ もう春なんですね。
     
  
           

だいぶ頭が黒くなったオオジュリン


 このコは、まだ換羽が進んでいないようです。




タヒバリも赤くなってきています。




もう完全な夏羽のハクセキレイ




モズはあまり変化しません。

特に変わった鳥は、いませんでしたが春の訪れを感じました。
2015/03/18

20150317多摩川



この日は、気温が20度をこえて汗ばむ陽気に。僕のマイフィールドの多摩川に
自転車で鳥見にいきました。
特に目標の鳥はいませんでした。 しかし予想外のうれしい出会いがありました!

ヒドリガモの群れの中にヨシガモがオスが1羽、メスが2羽いました。






カラスがオオタカの若にちょっかいを出していました。上がオオタカ 下がカラス






カラスのちょっかいに我慢できなくなり、追い掛け回すオオタカの若。
逆光だったのが残念
左がオオタカ  右がカラス





コチドリもいました。そういえばもうそんな時期ですね

コチドリ





ベニマシコのポイントに行きましたが、ベニマシコは一羽もいませんでした。
そのかわりアリスイがいました。
結構近くにいましたが、やぶの中にいてなかなか思うようには撮れませんでした。                                                                                                                                                                         

アリスイ






このタカを最初はチュウヒだと思っていました。しかし・・・


僕のすぐ近くを飛んでいきました。羽の裏にはタカ斑がはっきりあります。
もしかしてハイイロチュウヒ?


尾羽の付け根も白いです。ひょっとしてハイイロチュウヒ!?
ハイイロチュウヒの特徴を持っています!
こんな大都会にハイイロチュウヒがいるのでしょうか?



ハイイロチュウヒのメス?


思いがけない出会いです。超うれしいです!とっても充実した鳥見ができました。

2015/03/17

過去編 タイ旅行その2

前回アップすることができなかった鳥たちをアップします。

              ハイイロオウチュウの亜種?

               


亜種ウスアカモズ



チゴモズ チベットモズですね!


最大のサプライズ、ヤマショウビン!小さいころからのあこがれの鳥です。


ヤマショウビン



おまけ

ミズオオトカゲ 2メートルを超える大型トカゲ

ほんの2時間の鳥見でしたが思った以上に楽しめました。今度は鳥見中心でタイに行きたいです。
2015/03/16

過去編 タイ旅行その1

年末、タイに家族旅行に行きました。あくまで観光ですがバードウォッチャーとしては、少しでも野鳥を見ておきたいもの。
時間の空き間に近くの公園へ。結構日本で見ない野鳥が多くて名前がわからず苦労しました。
名前が間違っていたらご指摘ください。                                                                              


シキチョウ♂



シキチョウ♀


この公園は、人通りが多く野鳥の警戒心が結構薄かったです。クビワムクドリ、カノコバト、シキチョウが
多いのが印象的でした。


ごく普通にいたカノコバト




ホオジロムクドリもいた。




クビワムクドリ




公園の奥に入っていくとたくさんの野鳥が飛び交っていました。
その中でまっ黄色の鳥!
双眼鏡で見てみると・・・「コウライウグイスだ!!」

      
憧れだったコウライウグイス でも遠かった




ハイイロオウチュウ




オジロビタキ?




サメビタキ



メスがいないのにダンスをしていたムナオビオウギヒタキ。練習なのかな?




オニカッコウ





何者?




アカガシラサギ



タイは日本よりもはるかに野鳥の種類、数ともに多いような気がします。
しかし、カモ類や猛禽類などは、
1羽も見かけませんでした。なんでだろう?

2015/03/15

20150314秋ヶ瀬

今日は朝から秋ヶ瀬公園に行ってきました。いきなりキレンジャク3羽が現れ
2メートル弱という距離でリュウノゲを食でべ始めました。おかげで超ドアップ写真を撮ることができました。ありがとー、キレンジャク!

         ちょうどよい場所に出てきてくれたキレンジャク      
              
            

                   リュウノヒゲを食べるキレンジャク
                
           


               
           





キレンジャクのせいで影が薄くなってしまったヒレンジャク、40羽ほどいました。

                                      ヒレンジャク


今年はレンジャクの当たり年なのかな?たくさんのレンジャクたちが公園内を飛び交っていました。昼ごろになるとバーダーは、150人ほどに膨れ上がり、
さすがにキレンジャクは近くには来てくれなくなりました。
そのため本日の鳥見終了!