2015/10/26

2015.10.26葛西臨海公園

今日はヒクイナ一点狙いで葛西へ。ヒクイナ自体は去年も葛西で越冬したのですが残念ながら姿を見ることはできませんでした。今回は去年のリベンジです。

日の出とともに葛西に到着してヒクイナのポイントにてスタンバイ。するとすぐに何かが目の前のアシ原から飛び出しました。ほんの一瞬の出来事だったのでシャッターは切れず。たぶんクイナ類だったのですがクイナかヒクイナか分かりません。
その後もしばらく待ってみましたが一向に現れる気配がありません。



ホシハジロが飛来してました。




たぶんヨシガモのメス



ヨシゴイはまだいました。かなりわかりにくい場所にいました。



アオサギの若


一か所で待っていると風が強く寒くて凍えそうです。たしかニュースで今シーズン初の木枯らしが吹くということを聞いてのですこし重ね着してきたんですけどもっと重装備で来るきでした。
じっとしているのはきついんで園内を回ってみました。



でもいたのはオナガだけ


その後も渚や擬岩にも行ってみましたが何もいませんでした。ミサゴも今日はお休みのようです。

そのあとヒクイナのポイントに行きましたが出ていないとのこと。もうダメかな~、と思っているとヒクイナらしき影が目の前をパッと飛びました。約0.5秒ほどの出来事でまたもやシャッターを切れず。
せっかくならもう1時間待ってみようかと思い待ってみました。しかしその後はヒクイナの飛翔は見られず。もうそろそろ1時間経ったし帰るか、と思っていたその時、
「ヒクイナが出たよ!」と周りがざわつきました。どうやら少し遠めのアシ原の中にいるようです。教えていただきやっと見ることができました。


7時間待ちやっとその姿を拝むことができました!初見です!感動!




ほんの数十秒だけ姿を見せてくれました。


いや~感動です!7時間待ったかいがありました。満足です。
ヒクイナってこんな警戒心が強かったのですね。かなりの強敵でした。
これでライフリストが284種になりました。中学卒業までに300種行けるか?



最後にホシハジロの群れ。葛西の観覧車と一緒に。
スポンサーサイト



2015/10/19

2015.10.18近所の公園


テスト期間に入ってしまい葛西などには行けません。(泣)
朝だけ近所の公園に鳥見に行きました。この前、ダメ元で行って予想をはるかに超える収穫があったので今回も期待!

この日は天気予報とは違いどんよりとした天気。今にも雨が降り出しそうです。でもそんな中キビタキのメスを発見!


どうやらこの木の実を食べにくるみたいです


この木の前で待ち続けると案の定、別個体のキビメスもやってきました。
時には1度に4羽のキビメスがやってくることもありました。







徐々に晴れ間が出け来ました。その影響なのかキビメスはさらにたくさんやってきます、ということは....オスも来るかな?と思いしばらく待ってみましたがやってきたのはキビメスのみ。



キビメスは常に1羽は必ずいて実を食べてくれてます。






この個体はほかの個体よりも目が大きく見えます。個体差かな?


キビメスは少なくとも6,7羽はやってきました。でもキビオスやオオルリがやってこないとなんかさびしい.....、う~ん




2015/10/12

2015.10.12葛西臨海公園


葛西で近くでキビタキが撮れるということで行ってきました。
早速、ポイントに着くとキビタキのメスを発見。じっとしているとかなり近くにやって来てくれました。


4~5メートルのところまで近づいてきました











キビメスは少なくとも3羽を確認。しかしオスは1羽もおらず。さびしい....
仕方がないので鳥類園を歩いてみました。




淡水池にヨシゴイの若が居ました。



魚をゲット (見えにくいけど...)



そろそろヨシゴイもお別れですね。



対岸にもう1羽





ミサゴはまだ滞在中


常連さんたちはミサゴを撮り飽きているみたいで今は擬岩は少し落ち着いています。



ヤマガラもいました。
2015/10/07

2015.10.07近所の公園

今日も朝からいい天気。せっかくなのでどこか遠征に行こうかな、と思いましたが学園祭と昨日の鳥見でだいぶ疲れがたまっていてなかなか遠征に行く気になれませんでした。しばらく家でぼんやりしていましたがやっぱり秋の渡りの期間中なのでどこかへ行かなくてはもったいないと思いなおし、近くの公園へ散歩に出かけました。

公園は平日ということもあり人はまばらでした。歩いていると早速、キビタキのオスを発見!おぉ~!これは幸先の良いスタートですね~♪


キビタキのオス



エゾビタキもいました。


なぜか日陰ばかりいます。



その後、キビタキのメスも発見



かなり愛想良し


キビタキにエゾビタキと立て続けに小鳥類が出てきてくれました。ここ最近は小鳥類は不調だったのでうれしいです。



キビメスがいたポイントで待っているとまったく同じ枝にオスが止まりました。







かなり近くまでやってきました。


キビタキを撮っているとすぐうしろで「キョッキョッ」と何かが鳴いているのが聞こえました。なんの声だろうと思い振り返るとなんとアオゲラでした!しかも距離は4メートルほど!近すぎる!


逆光だったのが非常に残念。ノートリ。これで400mm相当




2015/10/06

2015.10.06東京港野鳥公園


東京港野鳥公園にシマアカモズが入ったとのことで出かけました。一週間前から出ているのですが、土日は学園祭で鳥見に行けず....。やっと火曜日に学園祭の代休で動けます。
アカモズ系は北海道で亜種アカモズ、タイで亜種ウスアカモズを見てますが亜種シマアカモズはまだ見ぬ鳥です。
途中で予期せぬ京浜東北線の人身事故によりかなり遅れましたが、どうにか9時の開門時間に間に合いました。着いてボランティアの方に尋ねると今朝はまだ出てないとのこと。まぁこれからだ、と気合を入れて待ちました。

しかし、何時間たってもシマアカモズはやってくる気配がありません。ここ最近、冷え込んできているためもしかしたら南のほうへ渡って行ってしまったのでは?現に風が強くてすごく寒いです。観察小屋でじっとしていると体の芯から冷たくなっていくので生態園のほうで歩きながら秋の小鳥を探すことにしました。しばらく歩いているとキビタキのメスを発見。







距離はかなり近かったのですが暗くてきれいな写真にはなりませんでした。


しかし、キビメス以外は何もおらず。エゾビタキを見たという人はいましたが僕は見れませんでした。仕方がないので潮入りの池に何かいないかな~、と行ってみるとオオタカが遠くで飛び交っていました。







遠い......




スズガモ、ホシハジロ、キンクロハジロなどの冬のメンバーがそろいつつあります。



なお、シマアカモズは最後まで現れませんでした。状況から見て抜けてしまった可能性が大きいと思います。