2016/04/29

2016.04.25谷津干潟

葛西の後は恒例の谷津干潟へ。


メダイチドリはたくさんいました。



今季初です。


ダイゼンの成長夏羽が近くにいました。
こちらも今季初。

ドアップ


ゴカイを捕まえました。


珍しくムナグロがやって来てました。
ダイゼンとツーショット。(左がムナグロ 右がダイゼン)


オオソリハシシギとキョウジョシギ
どちらも今季初です。





真っ赤な雄が混じっていてきれいです♪



ヨシガモがまだ居ました。


綺麗な個体でしたが若干遠かったです。







スポンサーサイト



2016/04/27

2016.04.25葛西臨海公園

今日はキビタキ、オオルリ、サンショウクイ狙いで葛西へ。6時くらいに着くと雨が降っていましたが、1時間ほどすると小雨になったので探鳥開始!
しかし、サンショウクイの飛翔が見られたのみで他は見られず、
オオルリにいたっては鳴き声すら聞こえず...



そんな中、コムクドリがいました。今季初です!



雄のようです。頬の赤が少ないので若いのかな??











キアシシギも汽水池に1羽いました。こちらも今季初です。
キアシシギ第一回冬羽~夏羽に換羽中?


そのほかにも東渚で今季初のコアジサシとアジサシを観察しました。
あとは鳥類園でクロツグミっぽい鳴き声を聞いただけです...
昨日は天気が良くてサンショウクイやキビタキ、センダイムシクイの出が良かったらしいのですが、今日はダメのようです。
その後は谷津干潟に移動しました。
2016/04/25

2016.04.10千葉県

かなり前にツルシギが来ているという調整池に行ってきました。
しかし、肝心のツルシギは姿はなかなか見えず...
でも幸いにクサシギ、タカブ、ジロネンがそれぞれ1羽ずついたのでヒマはしませんでした。(でも、全部遠かったです...)
あと、とにかくタシギの生息密度が高かったのが印象的でした。




クサシギ成鳥 冬羽~


クサシギとは石垣島以来、半年ぶりです。








左からクサシギ、オジロトウネン、タシギ。


タカブシギ成鳥冬羽  奥はオジロトウネン

ツルシギは昼前まで待ちましたが、見つからず。
見切りをつけて葛西のクロツラ&ヘラ狙いで葛西へ。
しかし、渚はすでに大量の行楽客でごった返していました。当然、クロヘラ達は東渚に避難していました。

諦めて鳥類園でヒタキ類やムジセッカを探してみましたがこれも全くダメでした...




綺麗な繁殖羽のコサギ





カワセミ♂成長


結局、今日は目的の鳥は一つも撮れず....
まぁ、そんな日もあるか。









2016/04/19

2016.04.17近所の公園

今日は雨模様なので遠出はせずに近場で渡りのヒタキ類を探しました。
しかし風が強いためか小鳥類はほとんど居らず...
シジュウカラすら見つけられず、集中力がなくなってきたので毎年、ツミが営巣する公園へ場所を替えました。

着いて直ぐにキッーキキキキという鳴き声が聞こえました。
しばらくすると目の前にツミの雄が来てくれました。


なにか獲物を持っています。スズメかな?


若い個体のようです。去年の雄とは違う個体です。








しばらくするともっと下の方に降りてきてくれました。








オスは本当にフレンドリーです♪ それに比べて雌は...


ずっと木の高い所でエサ(スズメ)を食べていました。


スズメがあおむけにされて食べられています。
やはりスズメが一番犠牲になりやすいのだそうです。
この日も公園にいたスズメを狩るのを見ました。

その他にも雌雄での鳴き交わしや交尾、エサの受け渡しなども観察できました。
去年は巣の真下で道路工事をやってしまったので放棄してしまいましたが、今年こそは成功してほしいです。



2016/04/18

帰省最終日~春休み~

最終日は水張り田んぼのエリマキシギを撮りました。
前回よりも順光で近くで撮れました♪


一番夏羽に近い個体です。やはり美しいです。

車の中で待っているとすぐそこまで来てくれました!








スリーショットも撮れました。


右から順にオス(夏羽に一番近い個体)、オス、メス(or偽雌)です。


春休みの帰省シリーズはこれで終わりです。
今回は全体的に鳥影が薄く、寂しい鳥見でした...
特にホシムクやサンカノゴイ、コミミが居なかったの痛かったです。
そんな中でエリマキが居たのは幸いでした。

次に帰省するのは夏休みです。夏休みはシギチをメインに鳥見をしたいと思います。
あと、舳倉島ももう一回、行ってみようと思います。






2016/04/12

帰省3~春休み~

今日もいつも通り潟へパトロールに行ってきました。
特にこれと言って居ませんでしたが、チュウヒが木の枝を運んでいました。
巣作りで忙しそうです。
今年も子育て頑張ってね~






そしてその後は前回のエリマキシギが気になって行ってみるとなんと3羽に増えてました!
雄が2羽、雌タイプ1羽で構成されている小群なのですが、その中の雄の1羽がかなり夏羽に近い状態です!めっちゃ綺麗~♪









あとから画像を見て分かったのですが、
右の雄(換羽が進んでない方)は前回見た個体でした。
ちゃんと仲間と合流できたんですね~

前回見た個体



ムナグロも単独で居ました。


次回はエリマキシギの続きを紹介します。



2016/04/09

舳倉航路

こないだ、何気なく舳倉島の写真のデータを見ているとなんとウミスズメだと思って撮っていた写真の中の数枚にカンムリウミスズメが2羽混じっているのに気づきました!!
初めて見たので超うれしいです。世界で推定5000羽の超希少種です。
でも本当に遠くて証拠写真程度です。かなりトリミングしてあるので荒くなってしまいました。



この子達は恐らく近くにある七ツ島で繁殖する個体だと思います。
つまりこの子達は世界で最も南で繁殖するウミスズメ類であるカンムリウミスズメの一番北で繁殖する個体群と推測できます。
ややこしい(笑)...



今回の帰省でようやくライファーを出す事が出来ました!ライフリストは293になりました!



胸の白色部が頬に食い込んでないのでカンウミですよね?




比較としてウミスズメを載せておきます。
ウミスズメは胸の白色部が色部が頬に食い込んでいることで識別ができます。



そのほかにもカンウミの写真が混じってないか探しましたが見つかりませんでした。












2016/04/08

帰省3~春休み~

今日も朝から干拓地へ行きましたが、シャッターを押したのはハヤブサのみ。
本当に鳥影が少ないです。去年はたくさんいたホシムクドリやシマアジが全くいません...
さらにサンカノゴイの越冬しているアシ原の近くで護岸工事をやってしまったのでおびえて出てきてくれません。う~ん、寂しい...


とりあえずハヤブサを載せておきます。


飛出し。


かなりブレていますがご了承ください。



本当に撮るものが無いので久しぶりに海岸に行きました。
渡りのシギチ狙いで行きましたが、居たのはミユビシギのみ。ちょっと早すぎたようです。
その代りにアカエリカイツブリを見つけました。当地初です。





夏羽は初めて見ました。でも遠かったのと曇り空だったので残念...




ニホンキジ









2016/04/06

舳倉航路

舳倉航路では、ウトウ、ウミスズメ、オオミズナギドリがたくさんいました。
特にウトウとウミスズメの密度はすごかったです。
でも、かなり揺れたのでほとんどピンボケとブレ写真ばかりでした。



ウトウは輪島港を出発してわずか5分ほどで現れました。
初撮りです!

ウトウの群れも時々、見れました。
北上中の群れでしょうか?








ウミスズメの群れもいました。こちらも初撮り!
近くに七ッ島があるので、カンウミも期待しましたがいませんでした。





帰りにオオミスナギドリの群れに遭遇しました。
軽く300羽を超える群れだったので大迫力!

思った以上にフェリーの中では楽しめました。
舳倉島よりも楽しめたかもしれません(笑)

2016/04/05

なにも居なかった舳倉島

特に帰省先にはなにも居なくて暇だったので、試しに憧れの島、舳倉島に遠征行ってきました!
完全にシーズン外でしたが、舳倉島なら何かいるだろ~と甘い考えで行ったのですが、本当に何も居ませんでした...
特に100%見られると思っていたヤツガシラが居なかったのはショック。
例年、この時期になると5~6羽のヤツガシラが来るのですが、今年はまさかの0羽。
運が悪かったです。


とりあえずアトリは島中にたくさんいました。
警戒心も薄くて撮りやすかったです。





ミヤホもまあまあ居ました。





ハチジョウツグミ



ベニマシコのオスは最後の最後で見られました。
とっても愛想の良い個体でした。





ヒメウの群れ


本当になにも居なくて残念でした...
去年の今頃はコベニヒワが出たらしいのですが、今回はベニヒワすら見られず。

次回は行き帰りのフェリーで見られた海鳥を紹介します。