2016/09/26

2016.09.25天覧山

今年もタカの渡りを見に行ってきました。僕がタカを見る所は天覧山と武山があるのでどちらにしようか迷いましたが、今年は武山は調子が良くないらしいので天覧山にしました。

到着したのは7時頃、若干、モヤがかかっているけれども晴れ間もあってかなりイイ感じ。ここ1、2週間はまともに晴れてないので渡れずに留まっているサシバ・ハチクマが一斉に渡るのでは?とかなり期待。実際にしばらくすると数羽ずつのサシバが遠くの山の稜線を渡っていきました。


割と近くを飛んだサシバ


ノスリも渡って行きました


10時頃から曇り始め、タカはあまり綺麗に撮れなくなったが、逆にタカはよく飛ぶようになりました。特にサシバやハイタカ(?)は驚くほど近くを飛んでくれました。
また、僕は確認できなかったのですが、ハチクマも現れたようです。

頭上を低空で飛行したサシバ。尾羽がボロボロ..








ハイタカ(?)

最初はツミかと思いましたが、
初列風切羽の形がハイタカ似だったのでハイタカとしました。


11時ごろに頭上で8羽のサシバのタカ柱が形成!
(写真は5羽です)



そして、今日最後のサプライズ!
昼を過ぎてほとんどのタカ見ウォッチャーが帰ったので、僕も帰路に着こうかと思って帰り支度していると近くの人達がいきなり騒ぎ出しました。なにごとかと思い聞いてみると大規模なサシバのタカ柱が出ているとのことで双眼鏡で確認すると、南空上空で40羽以上のサシバのタカ柱が形成されていました!!

こんなにたくさんのタカ柱を見たのは初めてです!
地元の人たちもこんな大きなタカ柱を見るのは本当に珍しいと喜んでいました。



本当はもっとたくさんいて画角に収まりきれなくなりましたが、この周りにももっといました。まさに圧巻!こんなに多くのサシバのタカ柱は図鑑で見ていて憧れていたので実際に見られて大満足♪いや~すごかった!



最後に洞から顔をのぞかせてくれたムササビ



スポンサーサイト



2016/09/22

2016.09.22伊佐沼

サルハマで賑わっていた伊佐沼ですが、サルハマが抜けた代わりにツルシギが入ったとの情報が入り、雨の中、行ってきました。でも結果はハズレ。一緒に来ていたオグロシギ3羽も全て抜け、20羽近く居たというコアオアシは1羽だけ...
どうやらこないだ来た熱帯低気圧がほとんど連れ去ってしまったようです。
それでもそのほかにクサシギやクロハラアジサシが居て助かりました。
ただ、雨の中の観察は体に堪え、昼過ぎにギブアップ。


コアオアシシギとアオアシシギのツーショット


改めて比べてみてコアオの小ささが分かります。


かなりアップしてみました。


コアオアシよりアオアシシギの方が愛想が良かったです。



クサシギは2羽居ました。今季はなにかとクサシギとよく出会います。




クロハラアジサシ成鳥冬羽
雨の中でもかなり近い所も飛んでくれてよく観察できました♪




帰り道に杭の上にアジサシが止まっているのを見つけました。




2016/09/16

2016.09.14稲敷~葛西臨海公園

いつもお世話になっている方にまた便乗させて頂き稲敷にシギチを求めて行きました。天候には恵まれなかったもののまずまずの成果がありました。ポイントに行くと運よくタカブシギとクサシギ、セイタカシギ、アオアシシギに加え、奇形と思われるアカアシシギも遠かったですが見ることができました。

今回、遭遇したアカアシシギの奇形と思われる個体は嘴が下の方向に曲がっていました。アカアシシギでは有り得ない事なので別種とも考えられますが、遠目でしたが羽衣のパターンが普通のアカアシシギのように見えました。他に該当する種類がないのでここではアカアシシギ奇形とします。


アカアシシギ奇形(幼鳥~第一回冬羽??)

奇形で嘴が曲がっていますが、餌を採るうえではあまり問題無いようです


ちょっとアップしてみました。


手前にネットがあり見にくいですが足が赤いのが分かります。


クサシギとツーショット


クサシギ成鳥冬羽


タカブシギは合計で20羽ほど見られました。


タカブシギ第一回冬羽?


アオアシシギ第一回冬羽


その後はオニアジサシが2日前から出ているという葛西臨海公園の西渚に行ってきました。しかし、西渚に着いたちょうどその時、カメラマンがぞろぞろと撤収し始めていました...。話を伺うとオニアジサシは300メートルほどのところに居たのですが、ついさっき、どこかへ飛んで行ってしまったとのこと。もう少し早く来ていればとすごく後悔。まあ、鳥見だとよくありますよね^^;
しょうがないので帰って来ていないか探しました。鳥見の
先輩の協力もあり、数十分後には東渚の東端にいるのを無事に見つけ出すことができました。でも、本当に遠かったです。双眼鏡でも認識できない程。後に地図で測ってみるとなんと900mも離れてました^^;というわけで本当に本当に証拠写真しか撮れませんでした。でも、一応初見なので嬉しかったです♪


オニアジサシ若 手前にいる嘴が赤いやつです。


何回か飛んでくれましたがこちらに来ることはありませんでした...




2016/09/15

2016.08.31東京港野鳥公園

帰省先から帰ってきて一段落したのでオグロシギを見に東京港野鳥公園へ。
気づけばもう高校生なので入園料が有料になっていました。去年までは中学生で無料だったので気軽に行けたのですが....
まあ、日本野鳥の会に寄付するのだと思い300円を払い入園。
まずは干潮になるまでしばらくあったので生態園のほうでトケンでも来ていないか探しましたがハズレでした。
その後は東淡水池で最近ずっといるというサシバ幼鳥を遠目で観察。


かなり遠かったです。





飛出し


東淡水池はセイタカが7羽。(写真は6羽だけです。)


その後は本命のオグロシギを見に行きました。が、物凄く遠かったです。
一年前は本当に目の前まで来てくれたのですが...
今はネイチャーセンターが改修中だったのでかなり遠くからの観察でした。もし、ネイチャーセンターがオープンしていたらもうちょっと近くから観察できたと思います。ちなみにネイチャーセンターがリニューアルするのは11月上旬だそうです。





逆光ですが飛翔写真


チュウシャクシギ


早くもキンクロハジロが来てました。

オグロシギが早くこっちに来てくれないかな~、と思っているといきなりオオタカ幼鳥が現れてオグロシギも含めてカモやシギチがすべて飛んで行ってしまいました...





その後、しばらくオグロシギが帰って来るのを待っていましたが戻ってくる気配が無かったので諦めて帰路に着きました。

参考までに去年ここで撮ったノートリのオグロシギ。

2016/09/12

2016.07.28奥庭

最近、ブログ更新が滞っていてすみません...
夏休みが終わってなかなか鳥見にいけないので2か月前のを載せます。
すっかり投稿をするのを忘れてましたが、夏休みが始まったばかりの時に奥庭荘に一泊二日で遠征しに行きました。去年も行ったのですが、今年もヒマになったので。目標は去年はあまり綺麗に撮れなかったイスカとキクイタダキ。
結局、イスカは見れませんでしたが前回あまりよく撮れなかったキクイタダキやソウシチョウは前回よりずっと多く来てくれました!
でも、1週間前に出た奥庭では珍しいキビタキや縁が無くいまだ会えずにいるキバシリやオコジョなども少し期待していましたが、見られず....。あと、前回は頻繁に水場に来たビンズイは一度も出ませんでした。


キクイタダキはかなり頻繁に来てくれましたが、ほとんどが雌でした。






このコは雄。




ルリビタキも頻繁に出ました。



ルリのわきのオレンジ色の毛がフワ~っとなるのも撮れました!





平地ではまず見られないルリの若のバリエーション。


カヤクグリもまれに来ました。





メボソムシクイ


ウソもよく水場に来ました。でも期待していた幼鳥は見られずに残念...



そして前回はあまりしっかり撮れなかったソウシチョウも今回はバッチリです。


ソウシチョウの水浴びは1秒ほどで終わって飛んで行ってしまうので
なかなか撮れませんでしたが、やっと最後の最後で撮れました。


最後は奥庭荘のボスのホシガラス。一日に2~3回は水場に来てくれました。




他にもヒガラやコガラなどのカラ類も見られました。