2016/11/26

2016.11.23多摩川 謎コガモ

今日は朝から曇りで、特にめぼしい鳥情報が無かったので、またマイフィールドの多摩川をパトロールしてきました。期待していたオオタカは付近で工事を行っていたためにほとんど見る事が出来ず...。
そんな中、カモを1羽、1羽見ていくと、ちょっと変わったコガモが居ることに気づきました。顔にトモエガモの様な模様があり、かなり目立っていました。撮っているときはトモエガモ×コガモかと思っていましたが、家に帰ってよくよく見てみると胴体にトモエの特徴が無い事に気づきました。ということは普通のコガモなのかな~
でも、顔の模様が明らかに異質。


こんなコガモです。

よく分からなかったので自分なりに考えてみました。

トモエガモ×コガモとする理由
①顔にトモエガモ特有の模様がある
②額が普通のコガモよりも黒味が強い
③頬が普通のコガモより赤味が乏しい

純コガモとする理由
❶翼にトモエガモの特徴は全く無く、胴体だけ見ればコガモのエクリプス~生殖羽へ移行中のように見える
❷下尾筒や胸などの細部を見てもやはりトモエの特徴が無い。

雑種だったら必ず翼にも両方の特徴が出るのでやはり純コガモなのかな、と思ってしまいますが、そうしたら①の説明がつかない。(②、③は個体差ともいえるかな)
たしかに、ネットで検索すると、うっすら頬に縦線がある個体もいるけれど、これだけはっきり、しかも顔の両側に縦線がある個体はさすがに個体差の範疇とはいえないような....。一応、他のカモの組み合わせも考えてみましたが、特に該当する種類はいませんでした。

と言う感じでいろいろ考えましたが、僕の勉強不足で結論は出ませんでした^^;
でも、個人的にはコガモの変異個体の可能性が高いのではないかな~と思っています。みなさんはどう思われますか?
コメント欄にご意見などを書いていただけると幸いです。






















チョウゲンボウ


ミサゴもいました




スポンサーサイト



2016/11/21

2016.11.20多摩川 オオタカday

最近、オオタカ運がとても良いような気がします。11月に入って鳥見に行った所、全てでオオタカに遭っています(^^)
その中でも、今日のオオタカは本当に近かったです。カラスに追われてすぐ目の前を何度も通過してくれました♪他に目ぼしい鳥が居なかっただけに、とても楽しめました♪


カラスに追われてこちらに近づいてきてくれました!
本当に近かったです。

これでなんと300mmノートリです。


背景もしっかりあってとても良かったです♪





こんな所にも止まってくれました。ちょっと遠いですが、絵になってます♪


個人的にはこの写真が気に入ってます。


さらにドアップ!


幼鳥も一回だけ飛んでくれました。


ここでは稀なホシハジロ


久しぶりにミサゴも見ました♪


2016/11/16

2016.11.13皇居 アカハジロ×ホシハジロ??

皇居にアカハジロ×ホシハジロが入ったとの情報を頂き、マミチャの後に行ってきました。2年前にも小石川に入りましたが、タイミングが合わず、3回行きましたが、全部振られました(泣)。なので今回は良いリベンジの機会です!

濠の中には数百羽のカモが居て、こんな大都会の真ん中にこれだけのカモがいてビックリしました。最大の誤算は他にバーダーが居なかったこと。頼れる人がいないので見つける事が出来るか不安でしたが、新たに手に入れたフィールドスコープを持っているのでなんとかなるだろ~、と思っていました。
でも、意外と見つけ出すのは苦労しました。僕は端から1羽1羽確認していったのですが、オオタカが飛ぶたびにカモたちが飛んでしまって、しばらくするとランダムになって着水してしまいます^^;
そんなことを何度か繰り返して1時間がたったころ、ようやくアカハジロ×ホシハジロを見つけました!胸の赤いのが目立ち、一度見つけると肉眼でも分かるほどでした。


最初に見つけた時はこんな感じでした。



しばらく待つとどんどん近づいてくれました♪


アカハジロ×ホシハジロ?のエクリプスです。
若干、頭部に緑色の羽根があります。
交雑個体だという理由は脇にホシハジロ風の縞模様の羽根が若干ある事と下尾筒が白くない事(純アカハジロはエクリプスでも下尾筒が白)と言われています。
でも、だいぶアカハジロ側が強い個体ですね。


こんな感じで他のカモの群れの中に混じっていました。



かなりアップしてみました(^^)

キンクロハジロに似ているな~と思ったので比較してみました(^^)


結構、似ていますよね~
(上はアカハジロ×ホシハジロ、下はキンクロハジロ)


羽ばたきもしてくれました♪







近くにいたヨシガモのエクリプス
ここはとてもヨシガモの生息密度が高かったです。


今回はまだエクリプスですが、もう少しすれば繁殖羽になると思うので、もう一回行ってみようと思います。(まだ滞在してくれればですけど^^;)
2016/11/14

2016.11.13葛西臨海公園 マミチャジナイ

この日は、皇居に入った珍ガモを見に行く予定でしたが、葛西にマミチャジナイが入ったとの情報をもらったので、迷った末にマミチャのほうに行くことを決めました。マミチャジナイはいままで縁が無くて会った事が無いので、是非とも会いたいと思っていた鳥の1つでした。薄暗いうちにポイントに着くとすでに知り合いの方が1人いました。話を伺ったところ目の前のピラカンサスの実を食べに来るのだそうです。
しばらくすると、マミチャがやって来てピラカンサスの木に止まりました!
その後はずっとサービスしてくれました!

※後半はまるで餌付け個体の様な写真が連発しますが、(いまのところ)餌付けはしていないのでご安心を(^^)


マミチャジナイ、初見です!
雌成鳥のように見えます。

警戒心はほとんどありませんでした。






個人的にこの写真は気に入ってます(^^)




図鑑写真も撮らせてくれました♪





やたら大きなミミズを捕まえました。
でも、大きすぎるので目を白黒させながら無理やり口に詰めたり、吐き出したりしていました(^^)
でも、最後はちゃんと呑み込みました。


目の前の、岩にも乗ってくれました。






あまりにもサービスが良いのですぐに満足する写真が撮れました。
本当はマミチャで1日費やすつもりでしたが、予定を変更して午後からは皇居の珍ガモを探しに行ってきました。





2016/11/13

2016.11.06多摩川

前回はあまりカモを見ることが出来なかったので、今回はもうちょっと上流に行ってみました。オナガガモやコガモ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、マガモがたくさん居た中にヨシガモの綺麗な♂が2羽、そしてなんと多摩川中流域では珍しいとされるスズガモを確認する事が出来ました。

そのほかにもハマシギやジロネンなどのシギ類や猛禽類、ベニマシコも見る事が出来て良かったです(^^)


ヨシガモ♂2羽。逆光のうえ、遠かったので綺麗に撮れませんでした...




スズガモ雌。海水を好むカモなので、このような川の中流域で見るのは珍しいです。





              ハマシギが2羽いました。
そのほかにもオジロトウネンがいましたが、遠すぎたので写真は撮れませんでした。



ノスリも飛びました。今季初です♪





オオタカ幼鳥。こいつが飛ぶとカモたちはパニックになりました。


順光側をそこそこ近めを飛んでくれました♪


かなりトリミングしてみました^^;




そして今季初のベニマシコ!
凄く近くて順光、申し分ない条件でしたが、なんと手前の枝がベニマシコの目に
かかってしまいました泣泣
撮れたのはこの1カットだけでした...せっかくの今季初のベニマシコなのに...
もったいない(>_<)











2016/11/07

2016.11.03多摩川

ついに、ついになんとフィールドスコープを買いました!!!
NikonのED50というスコープです。見え味は他のスコープよりも劣るものの、コンパクトで持ち歩きやすくて気に入ってます。
これからの時期は帰省先などでこのスコープを使ってカモやガンの群れの中から珍しい種類を探し出したいと思っております^^;がんばるぞぉぉぉ!

今回はスコープに慣れるためにカモでも見ようかと久しぶり多摩川に行ってきました。カモは全体的に少なめでほとんどヒドリガモとコガモでした。それとオカヨシガモとカワアイサがそれぞれ1羽ずついました。カワアイサは多摩川では初めてです!
カモ以外ではアリスイを一瞬見ましたが、写真は撮れず...。


オカヨシガモ(♂エクリプス~生殖羽に移行中)


ヒドリガモ×アメリカヒドリ。かなりヒドリガモ寄りの個体。
もしかして去年と同じ個体かも?場所もまったく同じだし。

↓去年のヒドリガモ×アメリカヒドリ



そしてまさかのカワアイサ!
下流から上流に向かって凄いスピードで飛んで行きました。
多摩川では初見です。東京地内ではほとんど見る事が出来ない鳥です。


イカルチドリもいました。久々に見ました^^;




最後のサプライズ!!
オオタカの成鳥が突然現れ、とても近くを飛んでくれました♪
本当に頭上すれすれを飛んで最短の時は近すぎでフォーカスが効きませんでした。


さらにアップしてみました^^;
それにしても近い♪



2016/11/01

2016.10.30モリムシクイ

やっと定期テストが終わり、久々の鳥見。本当は地元の多摩川でのんびりしようと思っていましたが、モリムシクイの情報が入ったので急きょそちらに行先を変更。
見つかってからしばらくたっているので、抜けてしまっていることを覚悟でしたが、到着してすぐに見つけることができました。カメラマンは100人ほどおり、場所はすぐに分かりました。モリムシクイはそんなバーダーの重圧を全く気にせずにかなり近くまで来てくれたりとサービスしてくれました♪しかも常に出ずっぱりで僕の視界からほとんど消えることはありませんでした。おかげでじっくり観察&撮影ができて大満足。モリムシクイはカラ類の混群に混じって行動していることが多く、その混群にはキビ雌やオオルリ雌、ヒガラなどが混じっており、これまた楽しめました♪

モリムシクイは僕が調べた限りで、国内の記録では舳倉島で8回、北海道で1回、宮城(山形?)で1回と極めて少なく、もちろん関東では初記録。そういう意味ではこの記録は貴重なものになりそうです。ていうか舳倉島がハンパない(笑)
ちなみに初認は10月22日だそうです。

モリムシクイを堪能した後はシラコバトでもいないかな~とその場の思いつきで周辺を探しましたが、居るのはキジバトのみ。まあ、僕はハト類にはとことん嫌われているうえにシラコバト自体、見るのは難しい鳥なので簡単に諦めはつきました^^;



モリムシクイ。もちろん初見です。
他のムシクイとは違って本当に美しいです。

近かったのですが、曇り空の空抜けなので絵になりにくいです。





ハエをゲット!


どうにか空抜けにならない所に来てくれました♪







こっちを向いてくれました!可愛い~♪


ドアップしてみました。




キビメスもいました。
カメラマンはモリムシクイに夢中でこのコには目もくれませんでした。



オオルリ雌。この子も人気はありませんでした。
クモ(ジョロウグモ?)を食べていました。ちょっとグロテスク...笑


今季初のジョウビタキ♂