2016/12/30

2016.12.28帰省先2 ホンドギツネ

今日は干拓地をパトロールしていると、鳥ではないのですが、とてもうれしい出会いがありました!田んぼを巡回しているとすぐ横からなんとキツネが飛び出しました!
ここでキツネを見たのは初めて、というかホンドギツネ自体、初見です(^^)
以前、北海道でエゾギツネを見たことがあったので、キツネだとすぐに分かりました。しばらく待っていると見やすい所を走ってくれました。とても足が速くて、車で追跡を試みましたが、見失いました。おそらく時速40キロほどだったと思います。
キツネの出現で田んぼで採餌していたハクチョウたちは大パニック。普段、おっとりしているハクチョウたちがここまで慌てるのはオジロワシ以来かと(^^)


ホンドギツネ(アカギツネ)
初見です!


メッチャかっこいいです。
キツネというと可愛いイメージがありましたが、
この個体は目が鋭くて、どちらかというとオオカミのような感じです。



調べてみるとキツネは夜行性。こんな日中に見ることはとてもラッキーだそうです。






今日はさらにうれしい出会いがありました。キツネを見た後、帰省先の家に帰ってみると、家の横の田んぼにムクドリの群れがいました。ひょっとするとと思い、探してみるとやはりいました。ホシムクドリです!


ムクドリに混じって地面で採餌していました。



本当に家の目の前にいました!
家の近くでホシムクが見られるなんてとても贅沢♪







スポンサーサイト



2016/12/26

2016.12.25帰省1 ヤマセミ

今年も冬休みは帰省先で鳥見を楽しみます。初日はまだ見ぬ因縁の相手、ヤマセミに費やしました。いままでは奥多摩などに何度か足を運んだことがありますが、どれも見事に外してきました。
帰省先にはいかにもヤマセミが居そうな場所はたくさんありますが、バードウォッチャーがほとんどいないので、情報が無く、自力で探さなければなりません。
とりあえず、ヤマセミが居そうなダムや川などを徹底的に探しました。
そうしたら案外すぐにダムにいるのを見つけました!
しかし、予想以上の警戒心で、ブラインドなしだとなかなか近づけずに苦労しました。写真は木の陰に隠れてどうにか撮ったものです。ヤマセミのいる場所はなんとなく分かったので、明日以降はブラインドを使っていこうと思います。














ヤマセミ捜索中にベニヒワにも会えました。3年ぶりだったのでとてもうれしかったです。3年前は帰省先に大群で訪れましたが、今回は1羽だけでした。















2016/12/19

2016.12.13武蔵野公園 ニシオジロビタキ

話題のニシオジロビタキの雄を見に武蔵野公園に行ってきました。
ニシオジロビタキといえば、関東に飛来するほとんどが地味な第一回冬羽ですが、今回飛来したのは成長雄。喉がオレンジ色で鮮やかな個体です。
オジロ、ニシオジロともにノド赤個体を見るのは初めてです!
ここの公園ではニシオジロ以外にもアオゲラやアトリも居て、鳥影が濃かったです。





















アオゲラ



アトリは5羽ほどいました。




2016/12/12

2016.12.11多摩川 アカエリカイツブリ

この前のトモエ×コガモ疑惑の個体が気になり、再び多摩川へ。
しかし、コガモの群れをいくら探しても見つからず...。僕が見落としたのか移動したのか、それとも換羽終了とともにあの特徴的な模様が消えたのか...。どれだか分かりませんが、もし、完全な繁殖羽でもあの巴模様が出ていたらトモエガモの血が混ざっている可能性が高くなると思うので今後も注意して探していこうと思います。

目標は外しましたが、そのかわりアカエリカイツブリに出会えました。
アカエリカイツブリは海や湖などの流れの無い所に生息しており、このような川に出現するのはちょっと珍しいと思われます。実際に多摩川では自身初記録です。
見つけた時は少し遠くのオオバンの群れの中にいましたが、座って待っているとかなり近くまで来てくれました♪アカエリカイツブリはこれまでに4回ほど見た事がありますが、こんなに近くで見たのは初めてです。



顔に模様があるので第一回冬羽でしょうか?



こんな感じでオオバンの群れの中に混じっていました。アウェイ感凄い...