2019/06/30

2019.06.02 大洗ー苫小牧航路

航路2日目。甲板に出ると、前日と同じような気味の悪いほどのベタ凪。なので、海面に浮かんでいるヒレアシシギもしっかり分かるほどでした。ヒレアシシギはアカエリがほとんどでしたが、少しハイイロも混じっているのを確認。まだかなり暗かったので、写真はありませんが...(^^;)
しばらく、眺めていましたが、北の海域を抜けるに連れて、その数は次第に減っていきました。やっと撮影できる明るさになりましたが、飛んでいるのは主にハシボソミズナギドリとクロアシアホウドリのみとなってしまいました。何か出ないかな~と思っていると、津軽海峡沖で突然、アホウドリが出現!!初見です♪


アホウドリ(Short-tailed albatross)







だいたい2年目くらいでしょうか?



しばらく船と並走してくれました♪
ちょうど朝日に照らされていたので、非常に美しかったです。








イシイルカ(Dall's porpoise)



ハイイロミズナギドリ(Soorty seawater)


アホウドリを見られて滑り出しは良かったのですが、その後は特に何も出なくなりました。しばらくすると、船は重要な海域を過ぎて、三陸海岸沖に到達。この海域はほとんど何も出ないので、はっきり言って暇です。なのでこの時間帯は、鳥仲間とひたすら鳥トークの時間になりました(^^;)


ウミウ(Japanese Cormorant)




時々、ザトウクジラ(Humpback whale)も出ました
かなり陸に近い場所を泳いでいた個体です。これなら陸からでも見れそう...(^^;)


そして、集中力が切れているときに、まさかの鳥が出現!カツオドリです!!
反応するのが遅くて、写真もピンボケのみ。銚子以北では記録がほとんど無く、大洗ー苫小牧航路では非常に希だと思われます。貴重なものを見ることができました♪


カツオドリ(Brown Booby)
迷ったのでしょうか??


昼過ぎになると、金華山沖に近づき始め、一気に海鳥の数が増えだしました。クロアシアホウドリやコアホウドリは10羽単位で浮いており、さらにミズナギドリ類も増え始めて、海が賑やかになりました。
今日のハイライトが出たのはその直後。クロアシアホウドリの群れにフェリーが突っ込み、船底から音を立てて、何羽ものクロアシアホウドリやコアホウドリが飛び立ちました。その中になんとアホウドリの完全な成鳥を発見!!船の真下から飛び出してきたので、羽の模様まで肉眼でハッキリと見えました!


これでノートリです!
これは肉眼でハッキリ分かりました。


少し飛びましたが、すぐに着水


かなり近いです!
もう興奮して、シャッターを押しまくりました(^^)









アホウドリが出た後は急に鳥の出が悪くなりました。これで終わりかな~と思っていると、日没寸前のいわき沖でオオミズナギドリの大群に会いました。数十分間はオオミズナギドリの群れに囲まれて、合計は恐らく数千羽に上っていたと思います。
その中にハイイロ、ハシボソ、アカアシの黒三兄弟も混じっていました。

オオミズナギドリの大群



ハイイロミズナギドリ


この海域ではトウゾクカモメ類も多いので期待しましたが、残念ながら現れず。暗くなって、識別しにくくなったので、今回の航路はこれにて終了~!

日没間近の甲板。この日も終始、このような海況でした。外洋とは思えません(^^;)
風も生暖かく、なんだか不気味な感じでした。

今回はフルマカモメやウミツバメ類が一切出ず、ライファーはアホウドリのみ。まあ、アホウドリは驚くほどの近さで撮影できたので、往復のフェリー代の元は取れたと思います(^^;)

次回は幻のミナミオナガを狙って、11月に再び乗る予定です。
スポンサーサイト



2019/06/20

2019.06.01 大洗ー苫小牧航路

暇だったので、大洗ー苫小牧航路に行ってきました。行くと決めたのは、出航の2日前でしたw。フェリーは幸いにも空席があり、なんとか乗ることができました。この時期の大洗ー苫小牧航路はやはりオオトウゾクカモメやウミツバメ類、そしてまだ見るフルマカモメに期待でき、できるならツノメドリなんかも見たいな~(^^;)、と思っていましたが、課題が残る結果となってしまいました...。海が穏やか過ぎたので、特にウミツバメ系は全く出ませんでしたね。まあ、その代わりアホウドリ類とヒレアシシギは出まくったので、それなりに楽しめましたが(^^)
鳥屋は僕だけだと思っていましたが、今回はたまたま某バードウォッチングツアーと日程が完全に被ったので、孤独な戦い(?)にならず少し拍子抜け。でも、鳥が全然出なくても、話し相手が居るので暇にはなりませんでした。GWはほぼずっと一人で旅をしていたので、こういうのもいいなぁ~と思いました(^^)

初日は4時半頃に甲板に出ました。薄明るい程度で、鳥の識別は難しい状況でしたが、遠くを飛ぶウミスズメ類を発見。写真を確認するとカンウミでした!


カンムリウミスズメ(Japanese Murrelet)

そして、イルカも登場!初見のカマイルカです。この流線型の模様が好きです(^^)
好きなイルカベスト3くらいに入ります(一位はサラワクかな)


カマイルカ(Pacific White-sided Dolphin)

しばらくするとハシボソミズナギドリやハイイロミズナギドリが飛び始めました。できるだけ識別しようと試みたものの、条件が良くなければ全然、識別できません...。う~ん、ムズカシイ(^^;)


たぶん、ハイイロミズナギドリ(sooty sheawater)


こちらはハシボソミズナギドリ(Short-tailed Sheawater)



それにしても、海は穏やか過ぎて鳥影が鏡のように水面に写るほど
こんなの初めてです。これはこれで不思議な写真が撮れました(^^;)






カマイルカも再び登場です。



愛想の良い群れは、並走してくれました♪






その後は直後に海上濃霧によって鳥見を一時断念しなければならなくなりました。しかし、幸いにも30分ほどで霧は晴れ、鳥が見られる状況に。すると早速、クロアシアホウドリがかなりの個体数が出てきました。その中にポツポツとコアホウドリの姿も。中には船のすぐ脇を飛んでくれる個体もいて、見ていて面白かったです(^^)



クロアシアホウドリ(Black-footed albatoross)











シロエリオオハム(Pacific Diver)



ウトウ(Rhinoceros Akulet)も出ました。




謎のコアホウドリ??
撮影しているときは気づかなかったのですが、このコアホウドリは腹と翼下面が
真っ黒です。幼鳥かもと思いましたが、調べてみると幼鳥も腹は真っ白だそうです。



油汚れのようには見えないです。
このコアホの正体が分かる方はコメントしていただけるとありがたいですm(_ _)m







普通のコアホウドリ(Laysan albatross)







そして2時頃、待ちに待ったオオトウゾクカモメが出ました。ただ、すぐに見えなくなりましたが...。3年前に大島沖でゴマ粒の遠さの個体を見たので、初見ではありませんが、嬉しかったです♪あまり近くを飛んでくれませんでしたが、前と比べたら100倍マシです(^^;)


オオトウゾクカモメ(South Polar Skua)








ネズミイルカ(Harbour Porpoise)??
イシイルカかと思いましたが、背びれの色や形が違う気がします。
ちなみにこの写真は左側が頭です。



海獣はまだ勉強中なので分からないことが多いです。
多分、ネズミイルカだと思いますが、間違っていればご教授くださいm(_ _)m

そしてそして、北海道に近づくにつれて、アカエリヒレアシシギの群れが増えていきました。夕日に照らされた無数のアカエリが飛ぶ光景はまさに圧巻!!軽く500羽は超えていたと思います。


アカエリヒレアシシギ(Red-necked Phararope)


















ファインダー越しに全身が真っ赤な個体を発見!
やはりハイイロヒレアシシギ(Red phararope)でした。


最後にシャチ(Orca)を見てこの日は終了!
このシャチは教えていただき見ることができました。感謝!!

そこそこ楽しかったですが、ライファーが1種も増えず。この海域だとまだ見ぬフルマカモメも期待していたのですが、全く出ませんでした。また、明日に期待です。
2019/06/18

2019.05.04 見島四日目

いよいよ一週間の長かった旅も最終日になりました。この日は午前中のフェリーで帰るので、朝しか鳥を見ることはできません。朝一で八町八反で鳥見を始めましたが、昨晩も鳥が渡ったようで、鳥層がかなり入れ替わっていました。初日には無数に居たコホオアカはさらに見られなくなり、代わりにホオアカの群れが入りました。また、コシアカツバメも増えて、ツバメの群れの半分近くを占めていました。



コシアカツバメ(Red-rumped swallow)





全部、コシアカツバメです


コシアカツバメを見ていると、腹が赤いツバメを発見!シャッターを切って確認するとやはり亜種アカハラツバメでした!初亜種です!!


亜種アカハラツバメ




その後は幸運にも近くの電線に止まってくれました♪







最後に足元から飛び出してきたノジコを撮影して終了


帰りの船でも、鳥見をしましたがオオナギが飛んだ以外は何も出ませんでした。
そんなわけで、これにてGWの日本海離島めぐりの旅はこれにて終了です。一週間近くの一人旅は本当にあっという間でした。特に見島は本当に良いところでした。風景は美しいし、島民の皆さんもとても親切で、鳥見をしていて本当に気持ちよかったです。古き良き日本って感じで、個人的にはとても好きです。

今回の旅では
シロハラホオジロ、ハイイロヒレアシシギ、ツメナガセキレイ、キマユホオジロ、ムネアカタヒバリ、ズグロチャキンチョウ、オジロビタキ、カラアカハラ、マミジロ、ムギマキの10種類で354種類目になりました♪
本当に充実した1週間でした。次はどこに行こうかな♪
2019/06/15

2019.05.03 見島三日目

見島二日目です。明日は午前の船で帰るので、この日が実質最終日。朝一に八丁八反に行きましたが、昨日と比べて明らかに鳥の数が減っていました。ここに来て初めて渡りを実感。日によってかなり変わると聞いていましたが、まさかここまでとは...。コホオアカ、キマユホオジロ、シベリアアオジもかなり減ってしまい、なんとズグロチャキンチョウとオジロビタキは抜けてしまいました。あと、一日来るのが遅かったらヤバかった汗
その代わり、前日まで少なかったオオヨシキリが優占種となっており、ギョシギョシ騒がしくなっていました(^^;)

とりあえず、目新しいものを探していると、あぜ道にいるジシギを発見!!
尾羽を確認できませんでしたが、恐らくオオジシギで問題ないでしょう。春のジシギは初めてです。


オオジシギ(Latham's snipe)


逆光側から近づいてみました。



オオヨシキリ(Oriental reed Warbler)


タカブシギ(Wood Sandpipper)


コホオアカ(Little Bunting)も前日と比べたら3分の1ほどに減りました。それでも、20羽ほど見かけましたが(^^;




旅館で朝飯を食べた後は、前日と同じく、マミキビ探し。目撃情報を頼りにひたすら山の中を歩き回りましたが、昨日までたくさんいたキビタキやオオルリの数も減っていました。しばらく、歩いていると一羽のヒタキが飛び出してきました。キビやオオルリと明らかに違う感じで、急いで双眼鏡で確認するとなんとムギマキ!!!
本日の初見鳥です!この時期の離島では簡単に見られると思っていたので、まさかこの日まで出ないとは...。


キビタキ第一回夏羽(Narcissus Flycatcher 1st summer
このバリエーションは初めてかもです。


ムギマキ雌(Mugimaki flycatcher)
数枚、シャッターを押したところで、藪の中に逃げていきました。


ノスリ(Eastern Buzzard)も飛びました
オオノスリの目撃情報もあったのでヒヤリとしましたが、これはただのノスリですね。オオノスリは誤認が多いので、目撃情報も一体どこまでアテにできるのやら(^^;)



前日、マミキビが出たという北灯台付近まで行きましたが、マミキビは全く見当たらず。時々、オオルリやキビタキ、コサメビタキ、ムシクイ類が出るのみでした。アムールムシクイの鳴き声を何度か聞きましたが、姿は見ることはできず。夕方まで粘りましたが、マミキビは結局、見当たりませんでした。明日は時間的に山には入れないので、今回の旅ではマミキビは諦めるしか無いようです。舳倉島と見島、ともに日本有数のマミキビスポットをハシゴしましたが、見られないとは...。マミキビとの出会いは来年以降に持ち越しです。

北灯台でマミキビ探しの途中に出会った野鳥達です。

コサメビタキ(Asian brown Flycatcher)


センダイムシクイ(Eastern Crowned Warbler)


サンショウクイ(Grey-chinned Minivet)


キビタキ(Narcissus Flycatcher)



オオルリ(Blue and white Flycatcher)


ビンズイ(Olive-backed Pipit)


帰り道に寄った八丁八反でコムクドリ(Chestnut-cheeked starling)を撮影し、
この日は終了。


2019/06/05

2019.05.02見島二日目②

朝ご飯を食べ終わり、再び八丁八反へ。朝とメンツは同じで、変わった鳥は出ませんでした。キマユホオジロを観察していると、知り合いからジーコンボ古墳にオジロビタキが出ているとの情報があり、行ってみました。


綺麗な夏羽のオジロビタキでした。嘴全体が黒いので、普通のオジロビタキです。ニシは何度も見たことがありますが、ヒガシは初めてです。



オジロビタキ(Red-breasted Flycatcher)




その後は、マミキビが頻繁に目撃されている島の北部の宇津地区に行ってみました。その途中に立ち寄ったダムの付近でツグミ類を発見。双眼鏡で確認するとなんとカラアカハラでした!!初見です。数秒で森の奥に飛んでいきましたが、満足です♪


カラアカハラ(Grey-backed Thrush)

その後は山の中を五キロ以上、歩き回ってマミキビを探しましたが、確認できたのは、すべてただキビ。中には眉を確認できなかったキビタキもいたので、もしかしたらその中に居たのかも...。オオルリやコサメは相変わらずの多さ。あとはマミジロの雄若も一瞬だけ見ることができました。



キビタキ(Narcissus Flycatcher)は本当に数が多かったです。


こちらは雌


オオルリ(Blue and white Flycatcher)




北部の宇津港に到着~!
海の色が綺麗です


宇津港をバックにモズ(Bull-headed Srike)


宇津集落に到着すると、上空からあの独特の「ピックイー」とサシバの鳴き声が聞こえてきました。上を見上げると30羽ほどのサシバの群れを発見。しばらく見ていると、どんどん高度を下げていき、バラバラになって森の中に消えていきました。どうやらサシバが渡ってきた瞬間を見ることができたようです。ちょっと良いものを見れました♪



サシバ(Grey-faced buzzard)

その後は八丁八反に戻りましたが、新しい種類は特におらず。ズグロチャキンチョウが良いところに出ていました。



ズグロチャキンチョウ(Bkack-headed Bunting)







亜種シベリアアオジ(Black-faced Bunting)

2019/06/03

2019.05.02見島二日目①

いよいよ、待ちに待った見島での本格的な鳥見がスタートです。ワクワクしすぎたのか、まだ暗いうちに起きてしまいました(^^;)
暇なので、八丁八反に行きましたが、真っ暗なのでほぼ何も見えずw。でも、山からはキビタキやクロツグミの鳴き声が聞こえてきて、それなりに風情がありました(^^)
どうにか鳥が識別できるレベルまで明るくなったとき、早速ノゴマを発見!もちろん、写真は撮れませんでしたが。しばらくすると、さらにマミジロツメナガセキレイも発見!こちらは初見だったので、かなりテンションが上がりました!
本来ならカメラを向けないような暗さですが、頑張って撮りました。


亜種マミジロツメナガセキレイ(WesternYellow Wagtail)

しばらくすると、日が昇り、撮影ができるほどの明るさになりました。すると、コホオアカ、キマユホオジロ、シベリアアオジが一斉に出現。見島での旅を通して、この三種類は本当に数が多くて、後半になればスルーするほど。でも、この時は夢中で撮りまくりました(^^;)。特にキマユは初見だったのでかなり嬉しかったです♪
さらにムラサキサギが飛び、ムネアカタヒバリが現れ、どれから撮れば良いか分からないほど...。見島やべぇ!!



キマユホオジロ(Yellow browed Bunting)



こちらもライファーです♪



ムラサキサギ(Purple Heron)






十分に満足すると、次は知り合いの方から教えてもらったズグロチャキンチョウのポイントへ。しばらく待っていると、遠くの木の上に止まったズグロチャキンチョウを発見!!その後、徐々に近づいてきてくれて、すぐそばまで来てくれました♪
もちろん初見です。幸運にも美しい夏羽を見ることができて、感動!!
そして、これが記念のライファー350種目になりました♪これは観察しているときには気づかずに、帰ってから確認するといつの間にかオーバー350になっていてビックリしました。最近はライファーを気にしていなくて...(^^;)。それで、時系列で考えていくと、この美しい鳥がちょうど350種目になっていて、なんだか感慨深いです。


ズグロチャキンチョウ(Black-headed Bunting)
珍鳥の代名詞的存在ですが、今回は意外と簡単に見ることができました♪


お花畑とズグロチャキンチョウ




ムネアカタヒバリ(Red-throated Pipit)
こちらもライファーです。

8時になったので、朝ご飯を食べにホテルに戻りました。正直、朝のたった3時間ほどで、ここまで見られるとは思っていませんでした。ライファー4種追加です♪

2019/06/01

2019.05.01見島一日目

いよいよ旅のクライマックスの見島へ!見島は3泊4日の日程で鳥を見てきました。
令和初日は石川県から山口県の見島を目指して、ひたすら移動していました。特急や新幹線、高速バス、フェリーなどを利用して、ほぼ丸一日かかりました。
いや~大変だった。

フェリーが出発したのは午後4時過ぎ。曇りだったのですでに薄暗くなりかけていましたが、甲板に出て鳥を見ました。特に何も期待していなかったのですが、ちょうど航路の中間地点に差し掛かったとき、海の上に浮かんでいる4羽の鳥を発見!
なんとカンムリウミスズメの親子連れでした!!


カンムリウミスズメ(Japanese Murrelet)



予想外の出会いで興奮しました!それにしても、どこの島の出身なんでしょう?
一番近いのは福岡の小屋島ですが、ネズミで営巣地が壊滅したと聞いてます。小屋島が復活したのか、それとも未知の営巣地があるのか....?




その後もカンムリウミスズメはちらほら出現して、結局この親子を含めて8羽までカウントできました。一時間ほどでこれだけカンウミが出るとは驚きです!!

この後、待ちに待った見島に上陸。すでに時間は5時半で、かなり薄暗くなっていましたが、ホテルに荷物を預けた後に鳥見に行きました。当初は見島最大の探鳥地である八丁八反に行こうかと思いましたが、時間的に厳しいので、ホテルの近くで鳥見開始。すると早速、畑の中にいる亜種タイワンハクセキレイを発見!!というか、この島にいるハクセキレイはほぼすべて亜種タイワンハクセキレイでした。そして、全く同じ畑に舞い降りたカシラダカの群れの中に、コホオアカとノジコを居るのを発見。コホオアカは以前、八王子で一瞬見たのみで、実質初見。たった15分ほどの鳥見でしたが、非常に濃かったです。早くも離島マジックが発動!


亜種タイワンハクセキレイ(White Wagtail)


コホオアカ(Little Bunting)
カシラダカの群れの中に混じっていました。



そこそこ近づいてくれました♪







ノジコ(Japanese yellow Bunting)
この鳥をしっかり見るのは本当に久しぶりです。



帰りに、ホテルの駐車場で再びタイワンハクセキレイを発見。


早くも離島のパワーに驚きました。舳倉島よりも断然、鳥影が濃いです!本番は明日からなので、楽しみです。