2017/04/26

2017.04.17葛西臨海公園 アオバト

そろそろ渡りのヒタキ類が見られはじめたとのことで、恒例の葛西にいってきました。庭園裏をまわり、桜並木にさしかかったとき、早速センダイムシクイに遭遇。
しかも1羽だけでなく、少なくとも4~5羽居ました。幸先の良いスタート。その後も複数の場所でセンダイムシクイの鳴き声が聞こえました。公園内には少なくとも10羽はいる模様。さらにヤブサメのものと思われる鳴き声も聞こえました。
オオルリ、キビタキ、コサメビタキは目撃情報こそありましたが、僕は見ることはできませんでした。そんななか、鳥友からアオバトの情報を頂き、見る事ができました。
換羽中の個体なのか、羽はボロボロの雌。でも、警戒心はゼロで、本当に近くで見る事ができました。アオバトの声はよく聞くのですが、姿を見たのは大磯以外では初めて。
鳥友に感謝です!


センダイムシクイ






さかんに鳴いていました。










アオバト


顔の羽もボロボロです

















鳥類園ではまだトラツグミが残っていました。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

葛西にもいろんな鳥が来てるんだね!
しかし、なんでアオバトの羽はこんなに
ぼろぼろなのですかね?
年寄り?
猛禽に襲われた?

No title

> とりおやじさん
コメント、ありがとうございます!
葛西は相変わらずの賑わいです♪
アオバトもかなりの長居をしています。
このアオバトはおそらく換羽中のためだと思います。
かなりボロボロで、飛ぶのも大変のようです。