2019/06/03

2019.05.02見島二日目①

いよいよ、待ちに待った見島での本格的な鳥見がスタートです。ワクワクしすぎたのか、まだ暗いうちに起きてしまいました(^^;)
暇なので、八丁八反に行きましたが、真っ暗なのでほぼ何も見えずw。でも、山からはキビタキやクロツグミの鳴き声が聞こえてきて、それなりに風情がありました(^^)
どうにか鳥が識別できるレベルまで明るくなったとき、早速ノゴマを発見!もちろん、写真は撮れませんでしたが。しばらくすると、さらにマミジロツメナガセキレイも発見!こちらは初見だったので、かなりテンションが上がりました!
本来ならカメラを向けないような暗さですが、頑張って撮りました。


亜種マミジロツメナガセキレイ(WesternYellow Wagtail)

しばらくすると、日が昇り、撮影ができるほどの明るさになりました。すると、コホオアカ、キマユホオジロ、シベリアアオジが一斉に出現。見島での旅を通して、この三種類は本当に数が多くて、後半になればスルーするほど。でも、この時は夢中で撮りまくりました(^^;)。特にキマユは初見だったのでかなり嬉しかったです♪
さらにムラサキサギが飛び、ムネアカタヒバリが現れ、どれから撮れば良いか分からないほど...。見島やべぇ!!



キマユホオジロ(Yellow browed Bunting)



こちらもライファーです♪



ムラサキサギ(Purple Heron)






十分に満足すると、次は知り合いの方から教えてもらったズグロチャキンチョウのポイントへ。しばらく待っていると、遠くの木の上に止まったズグロチャキンチョウを発見!!その後、徐々に近づいてきてくれて、すぐそばまで来てくれました♪
もちろん初見です。幸運にも美しい夏羽を見ることができて、感動!!
そして、これが記念のライファー350種目になりました♪これは観察しているときには気づかずに、帰ってから確認するといつの間にかオーバー350になっていてビックリしました。最近はライファーを気にしていなくて...(^^;)。それで、時系列で考えていくと、この美しい鳥がちょうど350種目になっていて、なんだか感慨深いです。


ズグロチャキンチョウ(Black-headed Bunting)
珍鳥の代名詞的存在ですが、今回は意外と簡単に見ることができました♪


お花畑とズグロチャキンチョウ




ムネアカタヒバリ(Red-throated Pipit)
こちらもライファーです。

8時になったので、朝ご飯を食べにホテルに戻りました。正直、朝のたった3時間ほどで、ここまで見られるとは思っていませんでした。ライファー4種追加です♪

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

見たことない鳥ばかりで
羨ましい限り!
ナイス!!!

No title

> とりおやじさん
コメントありがとうございますm(__)m
未踏の地であった見島は鳥の楽園でした。舳倉島と比べ物にならないくらい、種数と個体数が多かったです。
僕も見たことない鳥が多くて、興奮しました!!