2019/06/30

2019.06.02 大洗ー苫小牧航路

航路2日目。甲板に出ると、前日と同じような気味の悪いほどのベタ凪。なので、海面に浮かんでいるヒレアシシギもしっかり分かるほどでした。ヒレアシシギはアカエリがほとんどでしたが、少しハイイロも混じっているのを確認。まだかなり暗かったので、写真はありませんが...(^^;)
しばらく、眺めていましたが、北の海域を抜けるに連れて、その数は次第に減っていきました。やっと撮影できる明るさになりましたが、飛んでいるのは主にハシボソミズナギドリとクロアシアホウドリのみとなってしまいました。何か出ないかな~と思っていると、津軽海峡沖で突然、アホウドリが出現!!初見です♪


アホウドリ(Short-tailed albatross)







だいたい2年目くらいでしょうか?



しばらく船と並走してくれました♪
ちょうど朝日に照らされていたので、非常に美しかったです。








イシイルカ(Dall's porpoise)



ハイイロミズナギドリ(Soorty seawater)


アホウドリを見られて滑り出しは良かったのですが、その後は特に何も出なくなりました。しばらくすると、船は重要な海域を過ぎて、三陸海岸沖に到達。この海域はほとんど何も出ないので、はっきり言って暇です。なのでこの時間帯は、鳥仲間とひたすら鳥トークの時間になりました(^^;)


ウミウ(Japanese Cormorant)




時々、ザトウクジラ(Humpback whale)も出ました
かなり陸に近い場所を泳いでいた個体です。これなら陸からでも見れそう...(^^;)


そして、集中力が切れているときに、まさかの鳥が出現!カツオドリです!!
反応するのが遅くて、写真もピンボケのみ。銚子以北では記録がほとんど無く、大洗ー苫小牧航路では非常に希だと思われます。貴重なものを見ることができました♪


カツオドリ(Brown Booby)
迷ったのでしょうか??


昼過ぎになると、金華山沖に近づき始め、一気に海鳥の数が増えだしました。クロアシアホウドリやコアホウドリは10羽単位で浮いており、さらにミズナギドリ類も増え始めて、海が賑やかになりました。
今日のハイライトが出たのはその直後。クロアシアホウドリの群れにフェリーが突っ込み、船底から音を立てて、何羽ものクロアシアホウドリやコアホウドリが飛び立ちました。その中になんとアホウドリの完全な成鳥を発見!!船の真下から飛び出してきたので、羽の模様まで肉眼でハッキリと見えました!


これでノートリです!
これは肉眼でハッキリ分かりました。


少し飛びましたが、すぐに着水


かなり近いです!
もう興奮して、シャッターを押しまくりました(^^)









アホウドリが出た後は急に鳥の出が悪くなりました。これで終わりかな~と思っていると、日没寸前のいわき沖でオオミズナギドリの大群に会いました。数十分間はオオミズナギドリの群れに囲まれて、合計は恐らく数千羽に上っていたと思います。
その中にハイイロ、ハシボソ、アカアシの黒三兄弟も混じっていました。

オオミズナギドリの大群



ハイイロミズナギドリ


この海域ではトウゾクカモメ類も多いので期待しましたが、残念ながら現れず。暗くなって、識別しにくくなったので、今回の航路はこれにて終了~!

日没間近の甲板。この日も終始、このような海況でした。外洋とは思えません(^^;)
風も生暖かく、なんだか不気味な感じでした。

今回はフルマカモメやウミツバメ類が一切出ず、ライファーはアホウドリのみ。まあ、アホウドリは驚くほどの近さで撮影できたので、往復のフェリー代の元は取れたと思います(^^;)

次回は幻のミナミオナガを狙って、11月に再び乗る予定です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは!
お久しぶりです。
航路の鳥見は僕はしたこともなく海鳥は全くわからないので
未知の世界です笑
ヤフーブログ閉鎖に伴いlivedoorブログに移行することにしました。
まだ移行はしていませんがこれからも宜しくお願いします

No title

> 鳥撮りいっぽさん
コメントありがとうございますm(__)m
航路は本当に面白いですよ~
何が出るか全く分からないワクワク感がたまりません。ぜひ、太平洋側に来たときは航路に挑戦してみてください。

鳥撮りいっぽさんは、livedoorブログにするのですね!僕はまだ考えてないです。FC2にするかlivedoorにするか悩んでいます(^^;