2019/10/25

2019.09.09 シンガポール三日目①

シンガポール3日目
明日は朝の5時頃にシンガポールから帰るので、実質この日が最終日です。この日はマレーシアとの国境近くにあるスンゲイ・ブローに行ってみました。なんでも、ナンヨウショウビンやコウハシショウビンがいるんだとか。

スンゲイ・ブローはMRTの駅から離れているのでタクシーを使いました。スンゲイ・ブローはかなり辺鄙な所にあるため、タクシーに乗車拒否されることもあるらしいので、今回は配車アプリ「Grab」を使いました。このアプリはかなり有能で現在地と目的地を入力するだけで、近くのタクシーが来てくれます。目的地は前もって運転手に伝えられているので、乗車拒否されることはありません。シンガポールだけでなく、東南アジア全域で使えるらしいので、これからも重宝する予感(^^)

無事にスンゲイ・ブローまで到着。タクシーの運転手にお礼をいって、公園内に入ると広大なマングローブ林が目の前に広がっていました。しばらく、歩くとサイホウチョウ類やキゴシタイヨウチョウに加えて、初見のヒメコノハドリやノドアカタイヨウイョウ、アカガオサイホウチョウなどを発見。

DSC_8848_convert_20190912165452.jpg
ヒメコノハドリ(Common Iora)

DSC_9098_convert_20190912165955.jpg
アカガオサイホウチョウ(Ashy Tailorbird)

DSC_9075_convert_20190912165938.jpg
ノドアカサイホウチョウ(Copper-throated Sunbird)

DSC_9124_convert_20190912170028.jpg
ノドアカサイホウチョウの雌(Copper-throated Sunbird)

ハイドを覗くと、アカアシシギやアオアシシギそしてナンヨウショウビンを発見。ナンヨウショウビンはここでは超普通種で、この日だけで10羽ほど見ることができました。かなり、憧れの鳥だったので、じっくり観察♪

DSC_8854_convert_20190912165615.jpg
アカアシシギ(Common Redshank)

DSC_8871_convert_20190912165636.jpg
アオアシシギ(Greenshank)

DSC_8935_convert_20190912165745.jpg
ナンヨウショウビン(Collared Kingfisher)
エメラルドブルーが美しいです

DSC_9203_convert_20190912170050.jpg


DSC_9219_convert_20190912170127.jpg
トビモノも(^^)

DSC_9230_convert_20190912170150.jpg
トビハゼ?
なんかメチャクチャでかいトビハゼがいました。

そして、別のハイドにはインドトキコウとシロトキコウの群れがいました。ここではそんなに数は居ないとネットに書いてありましたが、この日はシロトキコウ11羽、インドトキコウ3羽の群れでした。どちらも世界的希少種で、特にシロトキコウは生息個体数が世界で6000羽程度。

DSC_9038_convert_20190912165924.jpg
シロトキコウ(Milky stork)とインドトキコウ(Painted Stork)
インドトキコウは右端の一羽だけです。

DSC_9017_convert_20190912165909.jpg
インドトキコウ

DSC_8998_convert_20190912165831.jpg
シロトキコウのトビモノ


DSC_8958_convert_20190912165801.jpg
上空を不意にシロガシラトビ(Brahminy Kite)が通過!

そのほかにも様々な野鳥が居ました。

DSC_9254_convert_20190912170226.jpg
マレーコゲラ(Brown -capped Pied Woodpecker )

DSC_9318_convert_20191005095026.jpg
チョウショウバト(Zebra Dove)

DSC_9245_convert_20190912170207.jpg
クロコダイルも発見!!
これはまだまだ小さいサイズですが、3mを超える巨大ワニの目撃情報もあるんだとか...。

19321.jpg

DSC_6804_convert_20191005112025.jpg
美しいトンボもいました。名前は全然分かりませんが...


19322.jpg
スンゲイ・ブロウの風景
シンガポールとは思えないマングローブ林が広がっていました。とても、良い所でしたよ(^^)



残すターゲットはコウハシショウビンだけ。しかし、かなり探し回りましたが、見つかるのは全てナンヨウショウビン…。さっきまでは夢中に撮っていたのですが、これほどまでに数が多いとありがたみが無くなります(^^;
そんな中、地元バーダーが声をかけてきた。色々話して、コウハシショウビンは最近はいなくて、Pasir Ris Parkに愛想の良い個体が出ているとのの情報をゲット。Pasir Ris Park はシンガポールの東の端の公園。ここからはかなり離れていますが、とりあえず行ってみることにしました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント