2015/11/06

2015.11.03東京都内


葛西を後にして次に向かった場所はハクガンが出ているという都内某河川敷。
最初にこの情報を聞いたとき、にわかに信じられませんでした。ハクガンは年間数羽しか本州に飛来しない貴重な鳥です。しかも通常は豪雪地帯に飛来するはずです。そんな野鳥がどうしてこんな大都会に!?

半信半疑で行っててみると20人ほどのカメラマンの目線の先に芝生の上で堂々と草を食べている3羽のハクガンを発見!かなりでかいです。本当にいるんだ~!すご~い!



3羽いました!東京では1957年の越冬以来58年ぶりの記録です。
なんと半世紀ぶりの記録なんです!



幼鳥1羽(左)と若鳥(中央と右)です




そしてこの3羽のハクガン、とにかく人に対する警戒心がないんです。
すぐ横でサッカーの試合が行われていても動じません。
僕は2年前に帰省先で見ましたがガンの群れの中に混じっていたため150メートル以内には近づけませんでした。
そのためハクガンは警戒心が強い鳥だと思い込んでいました。
まさかこんな近くでハクガンを見る日が来るとは思っていませんでした~。

まるでこちらが見えていないようにどんどん近寄ってくるのでフレームアウトを避けるためカメラマン達は後ずさり....。150mmで画面に収まらないほど近づいてくることもありました。
3羽とも今年生まれで北極圏で生まれ育ったためヒトを警戒対象だと認識していないようです。でもこれだけ警戒心が無いのもちょっと心配です。


でもそんなハクガンも空を見て警戒しました



空を見上げるとチョウゲンボウが飛んでいました。
上空への警戒を怠らないとは...改めて「野鳥だな~」と感じました。





1個体目(若鳥)です。この子は3羽の中で1番成長に近い羽色です。



嘴も少しピンク色です。



ぐっすり寝ていました。





2個体目(若鳥)です。1個体目よりも羽色は黒めで嘴も黒です。




3個体目の幼鳥です。3羽の中で一番黒っぽいです。


実は10月中旬には5羽いたらしいです。
せっかくなら5羽一緒のところも見たかったな~



帰る間際に羽を広げてバタバタ。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。
ハクガンに会えて良かったですね。
こちらは塒にいっている時間以外は殆ど出っぱなしの大サービスで
ヒメももっとサービス良いとカメラマンが少なくなるのですが(笑い)
東京でハクガンは57年ぶりだそうで、大昔は鶴や白鳥もいたようです。
開発が進むと野鳥には住辛くなってしまったようですね。
ハクガンには新潟の朝日池まで遠征して会いに行きましたが、
東京で会えるとは思ってもいませんで嬉しい出会いでしたね。
ただ幼鳥のため警戒心が少なくこれからが心配です。
ナイス! 朝日池でのハクガンをTBさせて戴きますね。

No title

> maruさんコメントありがとうございます。
ハクガンに会えて嬉しいです。
東京にやってくるとは驚きですよね。
本当にサービスが良すぎました。
でもこんな時期にこんな所に飛来する、ってことは完全に迷ってますよね。
本来の越冬地に戻れるか心配です。

ヒメクイナは相性が悪いのかまだ見れてません。明日も粘ろうかな~、と思ってます。
葛西で越冬してくれるとありがたいですよね!